さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2007年12月29日

ピオロ・キュヴェ・レゼルヴ

ピオロ・キュヴェ・レゼルヴ
Piollot Pere & Fils / Cuvee de Reserve
ピオロ・キュヴェ・レゼルヴ

原産国 フランス
地域 シャンパーニュ
地区 コートドブラン
町  ポリゾ

25日は、娘の20回目の誕生日でした。
成人ということで、秘蔵(大げさ)のシャンパンを開けました。
普段は泡や白は飲まないので、フルートグラスの用意が出来ませんでした。

ピオロは人口がたった200人ほどの小さな町ポリゾにあります。
町の中央にはセーヌ川が流れていて、200km先はパリです。
シャンパンは、4代目のローラン氏と妻のドミニクさん二人で作っており、
葡萄はすべて手積みでおこなっているそうです。
2005年より、有機栽培を開始し、近々エコセールの認証を受ける予定です。
派手さのない上品な泡立ちです。
色合いは、うすい琥珀色です。、
味わいは、程よい熟成感とみずみずしくフルーティです。

ピノ・ノワール50%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ10%

入手先は“オーソリティスタイル”さんです。


  


Posted by shiba.n at 16:59Comments(2)ワイン

2007年12月17日

フェオット・デロ・ヤト

フェオット・デロ・ヤト
Feotto dello Jato sangiovese 2005

原産国 イタリア
地域 シチリア

ワイン生産世界№1のイタリア。なかでも最大の生産地はシチリア島です。
そのシチリアにあって国際コンクールで数々の受賞歴を誇るのがフェオット・デロ・ヤトです。
パレルモの街からしばらく南に下った小さな田舎待町にそのワイナリーはあります。
6500ヘクタールもの畑は、協力関係にある優良ブドウ農家の強いサポートの賜物。
自然を尊重した「健康的な」ワインつくりが実践されています。

色は濃い紅色。数種類のハーブの香りが印象的です。
酸味、タンニンともに強すぎず、すんなりいただけます。

購入はエノテカさんです。

  


Posted by shiba.n at 16:13Comments(0)ワイン

2007年06月11日

ル・パニス

ル・パニス
Le Panisse
ヴァン・ド・ターブル ル・パニス(ドメーヌ・ド・パニス)

原産国 フランス
地域 ローヌ
地区 シャトー・ヌフ
村  クルテゾン

購入したヴェリタスさんのHPによると、
パニスは、もともとがブドウ生産者としてワインと関わってきたヴィニュロン(ブドウ農家)。
お父さんやその前の代から受け継ぐブドウの木は殆どが古木、
樹齢がムーンヴェードル40歳、サンソーが50歳、グルナッシュに至ってはなんと70~80歳とのこと!
そして、解説にこんな注意書きがありました。
「コルクを開けてすぐは、味わいと香は閉じているため、大変分かりにくい状態になっております。
開けてから7時間以上、カゴに寝かせて放置してください。」
ということで、夜に飲む為、朝から寝かせています。
香りはベリー系のフレッシュな華やかさがあります。
一口、テイスティングをしてみました。
確かに閉じていますね、酸味が先行して深みを感じられません。
夜まで待つことにしましょう。

ところで、ワインではよくマリアージュ(結婚)という言葉が使われます。
食べ物とワインとの相性のことで、お互いがその良さをより高めあうという意味です。
たとえばビールなどは、脂っこい食べ物の場合、
それを洗い流すようにゴクゴクと飲みますね。
ワインの場合はそれを融合させ、それぞれのおいしさを倍増させるのです。
ちょうど、この話題を、マイルが貯まる「ライフ・マイル」が提供している、
「よくばり生活」で見つけました。
興味のある方は覗いてみて下さい。

ワインについての基礎知識~相性の良い料理編~

ル・パニスの入手先は「ヴェリタス」さんです。


  


Posted by shiba.n at 15:19Comments(0)ワイン

2007年02月27日

シャトー・ランシュ・ムサス 1994


Chateau Lynch-Moussas 1994
シャトー・ランシュ・ムサス 1994

原産国 フランス
地域 ボルドー
地区 メドック
村   ポイヤック

1969年にバタイエのオーナーに買収されて以来、
実力を上げているメドック・グランクリュ・クラッセ第5級のワインです。
シャトー・ラフィット・ロートシルトやラトゥールの近くで、
畑はバタイエと境を接していて、
ポイヤックのクリュのなかではもっとも西寄りにあります。

色は濃い目の紫色。
数種類のハーブの香り。熟した黒い果実の印象。
開けたては澱も混じっていたのでしょう、ややザラツキを感じました。
アタックはあまりなく上品さを感じます。
澱を沈めてからは、滑らかな舌触りが復活しました。
ピアノ、ギター、ダブルべースのジャズセッションを、
小さなバーで聴いているような味わいでした。
ちなみに1998年のビンテージでは、
ロバート・パーカー氏が、
「これまで生産された最上のランシュ・ムーサの1つ。
上質の純粋さ、称賛に値する調和がある。」絶賛し、87点を獲得しています。

購入はセラー専科さんです。

  


Posted by shiba.n at 20:30Comments(0)ワイン

2007年01月22日

ブルゴーニュ・ルージュ・ピエール・ブーレ 2004


Bourgogne Pierre Bouree Fils 2004
ブルゴーニュ・ルージュ・ピエール・ブーレ 2004

原産国 フランス
地域 ブルゴーニュ
地区 広域

ジュヴレイ・シャンベルタン村の中心に位置しているピエール・ブーレ。
ここは、伝統的な手法を守りながらワイン造りをしているところで、
価格はリーズナブルですが高い品質を誇っています。
広域ワイン(ブルゴーニュのどこかで収穫されたピノ・ノワール使用)は、
もっとも安価なのにそのポリシーを感じます。

色は透明感のあるルビー色。
ベリー系の甘い香りと、湿った草の香りが印象的です。

購入はセラー専科さんです。



  


Posted by shiba.n at 20:48Comments(0)ワイン

2007年01月01日

コート・ド・ニュイ・ビラージュ 2004


Cote De Nuits-Villages
Clos De La Belle Marguerit 2004
コート・ド・ニュイ・ビラージュ
クロ・ド・ラ・ベル・マーガレット 2004

原産国 フランス
地域 ブルゴーニュ
地区 コート・ド・ニュイ

今年初めての抜栓はこれにしました。
明るいルビー色。
ベリー系の香りとさわやかな酸味がGood!

ピノ・ノワール100%

購入はセラー専科さんです。


  


Posted by shiba.n at 20:32Comments(0)ワイン

2006年10月16日

ボジョレー・ヴィラージュ・ブノワ・タシィ 2004


Benoit Tassy Beaujolais Villages 2004
ボジョレー・ヴィラージュ・ブノワ・タシィ 2004

原産国 フランス
地域 ブルゴーニュ
地区 ボジョレー

来月はボジョレーヌーボーの解禁ですね。
このワインはヌーボーではありませんが、
ガメイ種ということで味わいの傾向は同じ方向です。

やや薄めの明るいルビー色。
さわやかな柑橘系の果実の芳香。
ガメイ独特のフレッシュな味わい。
タンニンがこなれた果実の甘味が口に広がります。
さらっと飲める好感度高い一本です。

ガメイ100%

購入はセラー専科さんです。


  


Posted by shiba.n at 16:50Comments(0)ワイン

2006年05月04日

パリンガ&バロン・フィリップ

img10141474453.jpg

Paringa/Cabernet Sauvignon 2002
パリンガ/カベルネ・ソーヴィニョン2002(写真右)

原産国 オーストラリア 
地域 リヴァーランド

Baron Philipe De Rothschild/Merlot 2004
バロン・フィリップ・ド・ロッチルド/メルロ2004(写真左)

原産国 チリ 
地域 マイポ・ヴァレー

ワインのコーナーもサボリぎみで久々の更新です。
この2ヶ月間に飲んだニューワールドの中で特に気に入った2本です。
一本目は写真右のパリンガ。
とても存在感のあるタンニン。
香りも凝縮された感じでパワフルです。
こういった存在感のあるワインは好きですね。
生産地のリヴァーランドは、
オーストラリアのワイン産業を前進させる地域として知られてきました。
ここでは、南オーストラリア州の60%のブドウを生産しており、
オーストラリア全体の生産量の約30%に相当するそうです。
以前はワインの生産量の高さでよく知られていましたが、
近年はその質でも知られるようになりました。

そして、写真左がバロン・フィリップ。
熟した赤い果実と数種類のハーブの香り。
タンニンも程よく滑らかな口当たりには驚きました。
数日後、カベルネも飲みましたがこれもよかった。
フレッシュでジューシーなワインに仕上がっています。

チリの中央部、セントラル・ヴァレー。
アンデス山脈と太平洋に挟まれた、
狭い地域に多くのワインブドウ産地が集まっています。
ムートン・ロッチルド(ロートシルト)が数多くの産地から選んだのは、
首都サンティアゴの南に位置する銘醸地区、マイポ・ヴァレー。
マイポ・ヴァレーでは昼間は海岸線で温められた海風が入り、
また夜にはアンデス山脈を吹き下りる風によって昼夜の気温差が大きいため、
最高のブドウを造る環境に恵まれた地域のひとつとなっているそうです。

今回の購入先はエノテカさんでした。
リーズナブルでレベルの高いワインが手に入ります。
特にセットはお得でした!

  


Posted by shiba.n at 17:13Comments(0)ワイン

2006年02月28日

ラ・フルール・ド・シャトー・リシャール 2000

シャトー・リシャール.jpg

La Fleur De Chateau Lichard
ラ・フルール・ド・シャトー・リシャール 2000

原産国 フランス
地域 ボルドー
地区 コート・ド・カスティヨン

おお!
シャトー・モン・ペラにそっくりなエチケット!
驚きました!

しかし、オーナー曰く、
「このデザインはウチの方がオリジナルさ。
なんたって18世紀から続いているんだよ」
と、自信たっぷりとの事。
裏のラベルには19740本瓶詰めと記載されています。
世界中で1645ケースしか存在しないと言う事ですね。

味わいはモン・ペラを男性的とたとえるなら、
こちらは女性的ですね。
しかし、開いてくると、
存在感のあるカカオのニュアンスとタンニンも感じられ、
メルロー主体の存在感を味わえます。

メルロー81%
カベルネ・フラン19%

購入はセラー専科さんです。
めずらしいワインをありがとうございました。
問い合わせをすると購入できるかもしれません。

  


Posted by shiba.n at 21:13Comments(0)ワイン

2006年02月09日

シャトー・ポリアン 2000

DSCF1045.jpg

シャトー・ポリアン 2000

原産国 フランス
地域 ボルドー
地域 コート・ド・ブール

甘い花の香りとハーブのニュアンス。
濃厚な黒い果実味の後に、
確かなタンニンと酸味が口に溢れます。

エチケット(ラベル)下部には、
伝統的な基本のまま仕込んだワインと強調しています。

コート・ド・ブールは、
ボルドーの中心を流れるジロンド河の右岸にある地域です。

葡萄品種は定かではありませんが、
メルローとカベルネのミックスでしょう。  


Posted by shiba.n at 22:12Comments(0)ワイン

2006年02月06日

シャトー・カップ・ド・オー 1998

DSCF1024.jpg


シャトー・カップ・ド・オー 1998

原産国 フランス
地域 ボルドー
地区 プルミエール・コート・ド・ブライ
   サン・マルタン・ラコサート村

初代世界ソムリエコンクール優勝者
『ジャン=リュック・プトー氏』が厳選したワインです。
色は綺麗なガーネットに薄いレンガ色が混ざっています。
香りも複雑なハーブの香り、熟した果実の甘いアロマ。
アタックはあまりなく、口の中で空気にふれさせると、
肉厚の黒い果実の風味が広がります。
滑らかな口当たりで、タンニンも上品です。

プルミエール・コート・ド・ブライは、
ボルドーの中心を流れるジロンド河の右岸、
ちょうどマルゴーの対岸あたりにあるワイン産地です。

メルロー65%、 カベルネ・ソーヴィニヨン35%

同じヴィンテージがあるかはわかりませんが、
こちらから入手できます。

オープレミアム シャトー・カップ・ド・オー<赤>  


Posted by shiba.n at 20:21Comments(0)ワイン

2006年01月04日

ワインの福袋 2006

ワインの福袋.jpg

ワインの福袋を購入しました。

この福袋は希望を受けてくれます。
例えば1万円でボルドー12本とか、
2万円で1級シャトーと他のワイン3本とかです。
もちろん福袋なので通常価格よりお得でした。

購入はセラー専科さんです。



来年も楽しみです!  


Posted by shiba.n at 21:18Comments(0)ワイン

2005年12月30日

デュック・ド・ベリー ソミュール・ルージュ 2003

ソミュール・ルージュ.jpg

デュック・ド・ベリー ソミュール・ルージュ 2003

原産国 フランス
地域 ロワール
地区 ソミュール

ロワールはフランスの北西部中央に位置し、
ソミュール地区はそのほぼ中央にあります。
中心を流れるロワール川は全長1000kmにも及び大西洋に注いでいます。

葡萄品種は定かではありませんが、
カベルネソーヴィニヨンやメルローに近い芳香がするため、
この地域から推測すると、
おそらくカベルネフランだと思われます。

酸味とタンニンのバランスがよく美味しいワインです。

購入はヴェリタスさんです。

  


Posted by shiba.n at 22:54Comments(0)ワイン

2005年12月19日

アントネテ&ビウルコ・ゴッリ

アントネテ.jpg

2002 クリアンサ センシベル(アントネテ)写真左

原産国 スペイン
地域 ラ・マンチャ

スペイン最大の原産地呼称(DO)地で、
セルバンテスが17世紀に書いた小説の主人公であるドン・キホーテの土地としてより知られていラ・マンチャ。
コルクにはドン・キホーテのシルエットのイラストがあしらわれていました。

クリアンサとはセンシベル(葡萄)を合計2年の熟成期間のうち6ヶ月はオーク樽でねかせたものです。

2004年のブリュッセルコンクールで金メダルを受賞したワインです。

黒い果実の熟した味わいが滑らかで、程よいタンニン。
数種類のハーブが鼻にぬける心地よいアロマです。


2003 テンプラニーリョ(ビウルコ・ゴッリ)写真右

原産国 スペイン
地域 リハオ

スペインワインフェア、サロン・インテルナシイオナル・デル・ヴィノで偉大な成績を納め、
さらに「ヴィニョスデリオハ」では見事入賞したワインです。
2002年のテンプラニーリョにはパーカーが87点の高得点を付けています。

横にしておいた瓶のコルクを抜くと、澱が沢山付着していました。
澱を沈めるため3時間ほど休ませました。
固いと思っていましたが意外と開いていて美味しい!
枯れ草を思わせるハーブの香り、酸味も少なく暖かな日差しのニュアンスです。
3日に分けて飲みましたが、日によって別の顔を見せるワインです。

購入はヴェリタスさんです。

  


Posted by shiba.n at 15:49Comments(0)ワイン

2005年11月17日

オージュ・ボジョレーヌーヴォー・ノンフィルター・2005

ボジョレー・ヌーボー05.jpg

オージュ・ボジョレー・ヌーヴォー・
ノン・フィルトレ・キュヴェ・ジャン・クロード・ジャンボン 2005

原産国 フランス
地域 ブルゴーニュ
地区 ボジョレー

今年もやって来ました!
ボジョレーヌーボーの解禁です。
昨年までは当日に店頭で買っていたのですが、
今年は予約してしまいました。

ソムリエ世界一に輝く、
ジャン・クロード・ジャンボンさんがプロディースするボジョレー・ヌーヴォーです。

氏は1986年に行われた『第5回世界ソムリエコンクール・ヴェニス大会』で見事優勝に輝いた、
正真正銘【世界一のソムリエ】です。

完熟葡萄のみを贅沢に厳選し、
そして出来上がったワインの樽の中からジャンボンさんの舌により、
理想的と判断された樽のみをさらに厳選。
瓶詰の際には自然のままの葡萄の旨みを逃さぬよう【ノン・フィルター】で瓶詰されます。


ボジョレー生まれの世界一のソムリエ、
ジャンボンさんが求める『理想のボジョレー・ヌーヴォー』です。

澄んだ透明感のあるバイオレット。
濃厚な葡萄ジュースとハーブのアロマ。
滑らかな酸味と薄めのタンニン。

ガメイ100%  


Posted by shiba.n at 21:43Comments(0)ワイン

2005年10月17日

サン・コム・リトルジェームス・バケット・プレス

シヤトー・ド・サンコム.jpg


Saint Cosme
Little James Basuket Press

原産国 フランス
地区 コート・デュ・ローヌ

サン・コムは1490年からという歴史を有する生産者の一つです。
ワイナリーの当主ルイ・バリュオール氏の奥様はイギリス人で、
息子さんに「ジェームス」という英語の名前を付けました。
そのジェームス君の名前を付けたのがこのワインです。
エチケット(ラベル)は何ともユニークで可愛いですね。

とても果実味にあふれた美味しいワインです。
グルナッシュを使用し、清澄、ろ過をせずに造られている為、
澱がかなりありましたが、まったく気になりませんでした。

樹齢が若いのでヴァン・ド・ターブルとして造られていますが、
ポテンシャルは高く仕上がっています。
初のリリースでいきなり、パーカーポイント89点!<ワインアドヴォケイト145号>
という高い評価を得ているのがその証でしょう。

グルナッシュ100%

購入はタカムラさんです。

  


Posted by shiba.n at 17:55Comments(0)ワイン

2005年09月20日

シャトー・リベイロン 2002

シャトー・リベイロン.jpg

Chateau Ribeiron 2002
原産国 フランス
地域 ボルドー
地区 メドック AOC

明るいルビー色。
カシスとハーブの心地よいアロマ。
わずかに珈琲のニュアンスも感じられます。
タンニンもまろやかで飲みやすいワインです。

メドックはボルドー地方の中央に流れるジロンド河左岸に広がる地域です。
カベルネ・ソーヴィニョンを主体とする赤ワインで有名な地域ですね。

メドック地区のアペラシオン(原産地呼称)には、
メドック全域が対象のメドック、
メドック南部のオー・メドックと、
オー・メドック地区内に6つの独立したアペラシオンがあります。

ちなみに、
メドック (Médoc) (全体)
オー・メドック (Haut-Médoc) (南部)
さらに細かく(村単位)
サンテステフ (Saint-Estèphe)
ポイヤック (Pauillac)
サンジュリアン (Saint-Julien)
リストラック・メドック (Listrac-Médoc)
ムーリス・アン・メドック (Moulis-en-Médoc)
マルゴー (Margaux)
となっています。

メルロー42%、カベルネソーヴィニヨン28%
カベルネフラン15%、マルベック10%
プティヴェルドー5%

こちらのセットで購入しました。

豪華ボルドー究極12本飲みくらべセット第2弾(金賞受賞酒を含む)なんとびっくり9,980円!しか...  


Posted by shiba.n at 18:07Comments(0)ワイン

2005年09月05日

シャトー・モン・ペラ 2003

シャトー・モン・ペラ.jpg

Ch.Mont Perat 2003
原産国 フランス
地方 ボルドー
地区 プルミエール・コート・ド・ボルドー

やっと入手出来ました。
週刊モーニング連載の『神の雫』で2001年が取り上げられ、
その直後に店頭はもちろん、ネットショップからも姿を消してしまいましたね。

8月のはじめにネットで入荷予定を知り早速申し込みました。
多分、100本程度の入荷と思いますが一日で完売しておりました。   続きを読む


Posted by shiba.n at 12:17Comments(0)ワイン

2005年08月22日

シャトー・ラ・ウルケイール・キュヴェ・カバーニュ 2002

シャトー・ラ・ウルケイール.jpg

Chateau La Hourqueyre 2002
原産国 フランス ボルドー メドック
AOC表示

少し強めの黒い果実の香り。
カベルネの比率が高いのでハーブのニュアンスが印象的です。
滑らかな舌触りとバランスのよいタンニン。
熟成されたほのかな心地よい甘さ。
ジューシーで飲みやすいワインですね。

カベルネソーヴィニヨン70%
メルロー30%

こちらのセットで購入しました。

豪華ボルドー究極12本飲みくらべセット第2弾(金賞受賞酒を含む)なんとびっくり9,980円!しか...  


Posted by shiba.n at 21:44Comments(0)ワイン

2005年08月19日

シャトー・オー・ムーラン 2003

シャトー・オー・ムーラン.jpg

CH HAUT-MOULIN 2003 AOC MEDOC
原産国 フランス ボルドー メドック
AOC表示

数種類のハーブと黒い果実が混在する香り。
ただし、香りのパワーは弱めです。
滑らかな舌触りとこなれたタンニンが口いっぱいに広がります。
抜栓直後は今一でしたが、
4時間ほどで開いてきました。
程よい酸味だけではなく、甘いアフターが心地よいです。

メルロー48%
カベルネソーヴィニヨン50%     
プティヴェルドー2%

こちらのセットで購入しました。

豪華ボルドー究極12本飲みくらべセット第2弾(金賞受賞酒を含む)なんとびっくり9,980円!しか...  


Posted by shiba.n at 21:49Comments(0)ワイン